会津への旅

定期観光バス 冬の会津・鶴ヶ城と大内宿

歴史情緒あふれる街道宿場町と天守閣

西に越後山脈、東に奥羽山脈を控える、自然と歴史の街、会津。

夏には夏の、冬には冬の彩りあざやかな四季の顔を持ち、春夏秋冬、訪れる季節によりそれぞれの景観を見せてくれます。

そんな会津ならではの見どころから、張りつめた空気の中に堂々とそびえる鶴ヶ城天守閣と、江戸の歴史情緒たっぷりの街道宿場町「大内宿」を巡る冬の定期観光バス。冬だからこそ感じることのできる、もうひとつの会津をお楽しみください。

※天候により運休になることがあります。ご了承ください。

定期観光バス 冬の会津・鶴ヶ城と大内宿

運行期間:
2016年 12月21日(水)~2017年 3月17日(金) 平日限定運行
大内宿 雪まつり 2月11日(土)・12日(日) 運行

※土・日・祝日および年末年始12月30日(金)〜1月3日(火)は運休となります

発売金額 : 大人 5,000円 小人 4,000円

座席定員制:ガイド・昼食つき・日帰り・会津若松駅発着


スケジュール

●11:10 会津若松駅(乗車)

若松駅前4番のりば



●11:20 鶴ヶ城(天守閣)


難攻不落の名城とうたわれ、戊辰戦役で新政府軍の猛攻をしのいだ鶴ヶ城。昭和40年9月に再建され、平成23年春には幕末時代の瓦(赤瓦)をまとった日本で唯一の天守閣となりました。

▼12:20発




●13:20 大内宿


江戸時代の町並みを今に残す宿場「大内宿」。下野街道と呼ばれた会津と日光を結ぶ街道の両脇には、茅葺き屋根の民家が並び、江戸へ向かう大名や旅人の宿駅として重要な役割を果たしていました。30軒以上の茅葺き屋根の民家が並ぶ様子は極めて珍しく、現在も100万人以上の観光客が訪れ賑わいを見せています。 江戸時代から宿場町として栄え、現在も30軒以上にも及ぶ茅葺き屋根の民家が立ち並び当時の面影を今に残しております。


●大内宿(山形屋・昼食)


昼食は、山形屋の地粉100%使用、手打ち十一そば。箸代わりのねぎ一本をかじりながら食べる、大内宿名物のねぎそばをどうぞ。

▼14:40発


●15:40 会津若松駅(下車)

※道路状況により、遅延が生じる場合があります。


▲ PAGE TOP

ご予約

お申し込み

●電話でのご予約

会津バス若松営業所 ☎0242-22-5555(受付9:00〜17:30)
※受付締切は運行日の前日18時となりますのでご注意ください。

●WEBでのご予約

①下記の定期観光バス予約フォームにご入力の上送信ください。
②弊社よりお申し込み受付の自動返信のメールが届きます。
③後日、あらためて弊社より「予約完了」のご連絡をさせていただきます。
※予約フォームからのご予約受付は運行日の3日前18時迄となります。それ以降はお電話にてお問い合わせください。

●ご注意

お電話、WEB、いずれも座席の予約のみとなります。
お支払いにつきましてはご乗車当日に現金と乗車券をお引き換えください。
なお、各旅行業者発行の船車券(クーポン券)をご利用の場合も同様となります。

※当日、空席がある場合、会津バス駅前案内所にて乗車券を購入することができます。

星野リゾート 磐梯山温泉ホテル ご利用のお客様はこちら ➡

定期観光バス予約フォーム

は必須項目です

乗車便 定期観光バス 冬の会津・鶴ヶ城と大内宿
人数 大人(中学生以上)

子供(小学生以上)
乗車日
代表者名
代表者名
(カタカナ)
郵便番号
住所
電話番号 連絡がとりやすいお電話番号をご入力ください
メールアドレス
備考
規約同意* 当社の個人情報保護方針にすべて同意の上でお申し込みください。
同意する
 

※WEBからのご予約の方は、電話又はメールにて後日弊社より満席のご連絡をさせていただく場合がございます。

お客様へのお願い

満席によりご利用いただけないこともございますので予めご了承ください。

当社ドメイン「@aizubus.com」からメールが配信されます。もしメールが配信されていない場合には、以下の理由が考えられますのでご確認ください。

①「迷惑メールのフォルダに当社からのメールが振り分けられていませんか?」
②「ドメイン指定受信の設定をされていませんか?」
③「メールボックスの容量がいっぱいになっていませんか?」

上記の理由に該当がない場合には、何らかのトラブルの可能性もございますので、お手数ですがお電話にて当社までご連絡ください。


パンフレット

定期観光バス 冬の会津・鶴ヶ城と大内宿


お問い合わせ

会津バス若松営業所 ☎0242-22-5555(受付時間9:00〜17:30)


▲ PAGE TOP