会津観光

奥会津の秋コース「観光循環バス 四季の都 南会津」

花や自然の彩りが映える、最高の季節を巡る旅

奥会津は秋本番、駆け足で深まる季節を存分に楽しむコース。

奥会津の秋コース
観光循環バス 四季の都 南会津

運行日:2017年10月1・7・8・9・14・15・21・22・28・29日

発売金額 : 大人 5,200円 小人 3,100円
会津高原尾瀬口駅発/会津田島駅着・座席定員制・昼食代・入館料込み

スケジュール

●9:50 会津高原尾瀬口駅(乗車)

ご乗車当日に会津高原尾瀬口駅構内(改札出口)に係員がおります。お電話、ホームページからご予約のお客様は、係員から乗車券をお買い求めください。各旅行業者様発行の船車券(クーポン)でのご利用の方は乗車券とお引き換えください。「会津高原 憩の家」でもお取り扱いしております。

 


●10:10 奥会津博物館

奥会津博物館は、奥会津の魅力である歴史・文化・自然を知ることができます。また、東側には趣のあるかやぶき屋根の古民家が立ち並びます。馬宿・染屋・旧猪股家住宅・旧山王茶屋の4軒は移築したもので、一番奥には当時の木地師たちの小屋を再現しました。悠久の時間を体感できます。

ホームページ


▼10:40まで見学

 


●10:40 うさぎの森

うさぎの森では、日本に昔からいる日本白色種など約30羽のかわいいうさぎを見ることができます。こちらで見ることのできる日本白色種は、美しい純白の被毛にアルビノ種特有の真っ赤な目、大きな耳が特徴です。


▼11:00まで見学

 



●11:00 山王茶屋(昼食)

奥会津博物館の敷地内にある山王茶屋は、もともと山王峠を越えて旅をする人々や物資を運搬する人々が休んだり、宿泊の便を図る目的で建築された茶屋本陣でした。正面にある入り口は「乗っ込み」と呼ばれ、上客だけが出入りしたと言われています。町指定重要有形民俗文化財に指定されています。

現在は「古民家れすとらん」として旬の地物食材をふんだんに取り入れた郷土料理なども提供しています。昼食は南会津産の本格そばをどうぞ。

※そばアレルギー、その他のアレルギーのある方はご予約時にお申し付けください。(予約フォーム備考欄にお書きください)

ホームページ


▼11:40発

 



●12:20 前沢曲家集落

曲家は、その名の通りL字に曲がった住いのことで、手前の突出部には生活に欠かせなかった牛・馬が、奥には人の生活空間が、というように牛や馬と人が同じ建物で暮らしました。一度、大火に見舞われ焼失しましたが、同一の大工により、各戸同じように曲家を建てたことで現在の家並みになりました。

集落内には曲家資料館や前沢ふるさと公園があります。資料館では昔の暮らしぶりが、ふるさと公園では綺麗な花しょうぶや、のどかさを感じられる水車などを見ることができます。

ホームページ


▼12:50発

 


●13:40 屏風岩

屏風岩は、伊南川沿いにそびえ立つ奇岩。秋は紅葉の名所です。偉大な川の力で驚くべき景観を造り上げています。伊南川の急流が、長い歳月をかけて形づくった奇岩・怪岩が天をつくようにそそり立ち、むきだしの白い岩肌は紅葉の季節にはさらに映え、迫力いっぱいになります。


▼13:50発

 


●14:20 古町 大いちょう

樹齢800年余の大イチョウは、建久年間(1190~1199)会津四家の一人、久川城主初代河原田成光が東館を築き重臣を住まわせた折りに植えた庭樹と言い伝えられています。11代盛次の時、馬場安房が居住したので、後人、馬場屋敷と呼ばれていました。

高さは35m、目通り11mもあり県下髄一の老樹で昔は乳の神として住民の信仰も厚く遠く上州や越後からの参拝者も多く訪れました。現在は住民の憩いの場所として、また郷土の至宝として、福島県指定天然記念物に指定され、ふくしま緑の百景にも選定されています。


▼14:30発

 


●14:50 道の駅きらら289

清涼な空気と水に恵まれ、昼夜の寒暖差が大きな南会津はトマトの生育に適しており、その評価は年を追うごとに高まりを見せるトマトの特産地です。2015年には「日本農業大賞」を受賞しました。物産館では、そんな南郷トマトだけで作られた「南郷トマトジュース」も販売しています。

ホームページ


▼15:10発

 


●15:40 常楽院(マリア観音)

常楽院は、室町期永正16年(1519)海順上人の開創という南会津の真言宗の名刹です。本尊は不動明王。マリア観音とも呼ばれる子安観音像は、境内の一隅にあります。台座は文化4年(1807)に現在の子安観音像を安置するために造立されたものと思われ、子安観音像の造立は文化4年以前と考えられています。この像の額に十字があるところから、戦後、この像を「マリア観音」と見るようになったと言われています。

常楽院ブログ


▼16:00発

 


●16:20 会津田島駅(下車)

※道路状況などにより多少の遅延がありますので、列車等への乗り換えには充分な余裕をお取りください。※道路状況の影響により運行内容が変更になる場合があります。予めご了承ください。


▲ PAGE TOP

ご案内

パンフレット

観光循環バス 四季の都 南会津


お申し込み

●電話でのご予約

会津バス田島営業所 ☎ 0241-62-0134(受付9:00〜17:30)
※受付締切は運行日の前日17時30分となりますのでご注意ください。

●WEBでのご予約

①下記の観光循環バス予約フォームにご入力の上送信ください。
②弊社よりお申し込み受付の自動返信のメールが届きます。
③後日、あらためて弊社より「予約完了」のご連絡をさせていただきます。
※予約フォームからのご予約受付は運行日の3日前17時迄となります。それ以降はお電話にてお問い合わせください。

●ご注意

お電話、WEB、いずれも座席の予約のみとなります。
ご乗車当日に会津高原尾瀬口駅構内(改札出口)に係員がおります。お電話、ホームページからご予約のお客様は、係員から乗車券をお買い求めください。各旅行業者様発行の船車券(クーポン)でのご利用の方は乗車券とお引き換えください。「会津高原 憩の家」でもお取り扱いしております。

※当日、空席がある場合、会津高原尾瀬口駅構内(改札出口)の係員から乗車券を購入することができます。

観光循環バス予約フォーム

は必須項目です

乗車便 観光循環バス 南会津・奥会津の秋コース
乗車地 会津高原尾瀬口駅
降車地 会津田島駅
人数 大人(中学生以上)

子供(小学生以上)
乗車日
代表者名
代表者名
(カタカナ)
郵便番号
住所
電話番号 連絡がとりやすいお電話番号をご入力ください
メールアドレス
特記事項 そばアレルギーの方は事前にお申し出ください
 
備考
規約同意* 当社の個人情報保護方針にすべて同意の上でお申し込みください。
同意する
 

※WEBからのご予約の方は、電話又はメールにて後日弊社より満席のご連絡をさせていただく場合がございます。

お客様へのお願い

満席によりご利用いただけないこともございますので予めご了承ください。

当社ドメイン「@aizubus.com」からメールが配信されます。もしメールが配信されていない場合には、以下の理由が考えられますのでご確認ください。

①「迷惑メールのフォルダに当社からのメールが振り分けられていませんか?」
②「ドメイン指定受信の設定をされていませんか?」
③「メールボックスの容量がいっぱいになっていませんか?」

上記の理由に該当がない場合には、何らかのトラブルの可能性もございますので、お手数ですがお電話にて当社までご連絡ください。


お問い合わせ

会津バス田島営業所 ☎ 0241-62-0134(受付時間9:00〜17:30)


▲ PAGE TOP